近年注目を浴びてきています


SMに特化した出会い系サイトでは、より手軽にSMプレイのパートナーが見つかるとあって、。

最近では、地域別に情報掲載がなされていることもあって、まだコアなSMプレイには踏み込めないビギナーにも利用者層を伸ばしているようだ。

これまでは、なかなか出会うきっかけが無く、一部のマニアックな人たちのプレイでしかなかったSM。

こうして需要があることを見て取ると、実はSMプレイへの願望は潜在的に多くの人が持ちえていたのかもしれない

では、そんなSMプレイには、一体どんなものがあるのだろうか?

ここではそんなSMプレイの最近の傾向について、掘り下げてお話していきたいと思う。

SMプレイは、基本的には異性・同性の間で2人以上で行います。そして、イニシアチブを握って相手を罵りたいサディスト(S)と、サディストに従順に痛みを伴う快楽に溺れたいマゾヒスト(M)とに二分される。

Sはムチやろうそくなどを用いて、Mの相手を弄ったり、言葉で貶めたりすることで快楽を得ます。

その一方で、Sからの仕打ちに耐えることでMは快感を得るのだ。

もちろん、プレイの一環だから人格を否定するものではないので大丈夫だ。

ムチ、ろうそく、縄などが、SMプレイでの象徴的なアイテムだが、傍からするとちょっと危険な香りのするものだが、当時者には人気のアイテムとされています。

更にコアな人たちの愛用アイテムには、三角木馬や各種拘束グッズなどが上げられるようだ。

また、このSとMの関係は、男女間によっても名称が異なります。

女性側がSの立場に立つ場合、それは「痴女プレイ」と呼ばれます。

この女性が攻めの姿勢に徹するプレイは、ハードなものから、言葉責めや普段のセックスに少しだけ攻めにまわった程度の「ソフトSM]まで幅が広くあります。

つまり、SMプレイとはいっても、一般的なイメージにあるものは、割とハードなものだと捉えられます。

また、先ほど述べた女性が攻めの立場にまわることが、最近では増えている傾向にあるので、マゾヒストの気がある男性からの、嬉しい悲鳴が聞こえてくるようだ。

従来のSMプレイよりも、より敷居の低く、パートナーの見つけやすくなったSMプレイ。

ぜひ、SMプレイの出会い系サイトを利用して、あなたも官能の境地へと旅立ってみてください。

関連ページ